注意のポイント|プレドニゾロンで辛い症状を今すぐ治す!ペットの痒みに最適な薬

注意のポイント

白い錠剤

プレドニゾロンは非常に幅広い症状に有効な免疫抑制剤です。皮膚が痒い、炎症を起こしているという場合に処方されることが多く、人間でも病院でプレドニゾロンが処方される場合があります。
ただ、プレドニゾロンをペットに与える場合には、獣医師の診断を受ける必要があります。そのため、自己判断で与えないようにしましょう。長期間不適切に与えてしまうことで、症状が悪化してしまう恐れがあります。場合によっては生命の維持に関わります。
また、プレドニゾロンは免疫を抑制する作用がありますので、投与している間は感染症にかかりやすい体質になってしまいます。そのため、投与している間は感染病にならないよう注意が必要です。

プレドニゾロンは錠剤タイプとなっています。
薬が苦手というペットにはおやつやご飯に混ぜて与えるようにしましょう。ただ、ペットは薬に敏感なので、飼い主が見ていないところで吐いている可能性があります。そうすると、当然薬の効能は得られませんから再度投与する必要があります。よって、薬が苦手なペットにプレドニゾロンを与える場合には、服用してから少しの間は様子を確認しておくことが大切です。

動物病院でプレドニゾロンを処方してもらう場合には用法用量について獣医師から十分な説明があると思います。ただし、個人輸入代行サイトでプレドニゾロンを購入する際には説明は自分で理解しておく必要があります。しかも、商品の説明書も日本語表記ではありませんので、ホームページや個人輸入代行サイトの商品ページなどで確認しましょう。